日本は稲作に本当に適しているのかどうかということ

日本列島というのは南北に長く中国シベリアと太平洋の間に位置しており、中央には山脈がそびえています。周囲は暖流と寒流が交錯していく環境であり、日本の地理的、気性的条件というのは実は農業的に見ればかなり複雑な状況であると言っても過言ではないです。それぞれの地域に属した様々なタイプの米を作るというのが日本人にとっての最大の目的になっていたということがあります、新しい種を作ると言っても正直なところ一度失敗すると1年間が棒に振るということになりますのでかなり難しいことではあるのですが江戸時代の時は既に行われているものでありとにかく寒さに強い米を作ろうというのが日本人最大の目的であったといわれているくらいです。新潟が米どころというのは実は江戸時代からであり、米がよく取れるというところは人口が多くなるというのは実に当然なことであり、江戸の次に人口が多いところが苦手であるというのはあまり知られていないことです。そのくらい、米がとれるということは大事なのです。キレイモ